推奨されます, 2019

エディターズチョイス

定義 公共サービス

公共サービスとは

公共サービスは、国家の参加によって発展した活動です。 それは社会のニーズを満たすことを目的としたサービス提供です 。 公共サービスでは、間接的ではあるが、常にサービスの提供への国家の参加がある。

国家による公共サービスの提供は、1988年の連邦憲法によって保証されており、そのサービスは、政府を通じて、国家によって作成および監督されています。

一般および個人の公共サービス

公共サービスは一般的なものでも個別のものでもよい。 一般的なものは一般的に人口の奉仕を目的としたものであり、公衆照明や公安の提供のように税の価値によって賄われています。

個別サービスは、各個人に提供されるサービスであり、料金を請求する必要があります。 例は電気および水道サービスです。

不可欠な公共サービスは何ですか?

いわゆる本質的な公共サービスは緊急であると考えられていて、それが中断されたか提供されないならば損害を引き起こすことができるものです。

不可欠なサービスは、国民の尊厳ある生活に欠かせない、健康と安全の条件の保証に関連しています。 したがって、法律はこれらのサービスの提供を中断することはできないと判断しています。

法律7, 783 / 89(ストライクの法則)は、不可欠な公共サービスとは何かを定義しています。

  • 水の処理と供給
  • 配電
  • ガスおよびその他の種類の燃料の供給
  • 医療および病院サービス
  • 医薬品の流通および販売
  • 食品の販売
  • 葬儀サービス
  • 集団輸送
  • 下水処理
  • ごみ収集
  • 電気通信サービス
  • 放射性物質および核物質の貯蔵と管理
  • 重要なサービスのデータ処理の活動
  • 航空交通の管理
  • 銀行決済サービス

公共サービスの原則

公共サービスの提供は次の原則に従わなければならない:効率性、継続性、安全性、規則性、現実性、一般性/普遍性および関税モダリティ。

効率の原則

この原則は、公共サービスは、サービスの提供と得られた結果の両方に関して、可能な限り最も効率的な方法で市民に提供されなければならないことを意味します。

継続の原則

この原則は、公共サービスが中断することなく継続的に提供されることを確実にする機能を有する。 継続性の原則は効率性に関連しています。つまり、サービスは継続的で質の高い方法で提供される必要があります。

公共サービスの継続性には3つの例外的な状況があります。緊急時、施設内の技術的な問題、またはユーザーによる未払いのためです。

安全の原則

セキュリティの原則には、ユーザーを危険にさらすことなく、公共サービスの提供が安全に行われるようにするという機能があります。

規則性の原則

規則性は、国家が公共サービスの提供を促進する義務を負うことを立証している。 国がこの義務を遵守しないことは、利用者またはサービスの受益者である市民に害を及ぼす可能性があります。 場合によっては、サービスの提供が欠如していると、提供されていないサービスについてユーザーに賠償を支払う義務が州に生じる可能性があります。

現実の原則

この原則は、公共サービスの提供が利用可能な最も近代的な技術に従って行われなければならないことを保証する機能を有する。

一般性/普遍性の原則

この原則によれば、公共サービスは、アクセス制限や差別なく、すべての市民にアクセス可能でなければなりません。 提供されるサービスは、できるだけ多くの人々に届くことができなければなりません。 公共サービスへの平等なアクセスを確保するための一般性と普遍性。

料金モダリティの原則

料金モダリティとは、購買力にアクセスできない価格のためにサービスのユーザーがアクセスできなくならないように、公衆サービスの提供に手頃な価格で報酬を支払う必要があることを意味します。 国家によって提供されるサービスのために請求される料金は、可能な限り最も安いものであるべきです。

礼儀の原則

礼儀の原則は公共サービスで提供されなければならない良いサービスに関連しています。 この原則によると、公共サービスのすべてのユーザーへのサービスは、教育(礼儀)を伴って、適切かつ尊重された方法で行われなければなりません。

公共サービスの特徴

公共サービスの主な特徴は次のとおりです。

  • 集団的利益に向けられている、
  • 市民のニーズを満たすために存在する
  • 国家またはその認可された代理人によって提供されなければならない、
  • ユーザーに利益をもたらすはずです。

公共サービスはどのように提供されますか?

サービスは、 集中型または分散型の 2つの方法で提供できます。 公共サービスは、行政の一部である臓器によって直接提供されるときに集中管理されます。 それらは、連邦、州または地方自治体の公共団体および代理人によって提供される場合があります。

地方分権化された公共サービスは、国家によって直接提供されているのではなく、国家に代わって公共サービスを実行するための譲歩または許可を有する者(身体的または法的)によって提供されます。

州がサービスの提供のために許可、譲歩または官民のパートナーシップを組むとき、分散公共サービスを提供することができます。

公共サービス許可

公共サービスの許可は、行政が行政の一部ではない個人(個人または法人)に公共サービスの提供を許可した場合に発生します。

許可は入札プロセスの後に与えられ、行政と個人との間の癒着の合意によって公式化されます。 行政は、許可契約を取り消す権利を有しており、契約違反に対して個人を補償する必要はありません。

公共サービスの譲歩

譲歩は、政権が公共サービスの執行を会社に許可したときに発生します。 公的サービスの譲歩を受けることができるのは、法人の法人またはコンソーシアムのみです。つまり、個人は譲歩を受けることを法律で許可されていません。

譲歩では、サービスは譲歩を受ける会社の名前で提供され、サービスのユーザーの料金の徴収が許可されます。

譲歩を受けるためには、会社は競争入札に参加しなければなりません。 法律によると、すべての譲歩は入札プロセスを通じて行われなければなりません。

譲歩は、国家と会社との間の管理上の契約を通して形式化されます、そして、契約の終了は負傷した当事者を補償する義務をもたらすかもしれません。

官民パートナーシップ

官民パートナーシップ(PPP)も行政契約を通じて個人に公共サービスを許可する方法です。 この場合、国家からその民間パートナーへの財政的対価(支払い)の義務があるため、それは譲歩とは異なります。

PPPは2つの方法で発生する可能性があります。

後援のイベントでは、国家が民間パートナーに金銭的貢献をする義務に加えて、サービスの利用者には料金が発生

管理では、管理はプライベートパートナーとのサービス契約のユーザーです。 この場合、利用料はかかりませんが、政権は民間パートナーにも経済的配慮をしなければなりません。

コンセッションと行政の意味についてもっと学びましょう。

人気のカテゴリ

Top