推奨されます, 2019

エディターズチョイス

定義 学術作品のABNT規格

その他の業務の中でも特に、ブラジル技術標準協会 - ABNTは、技術文書の理解と科学的知識へのアクセスを容易にするために、技術文書のフォーマットの標準化を担当しています。

この意味で、ABNTは、学術論文、科学論文などの作成に従わなければならない一連の規則を形成する "Brazilian Standards - NBR"と呼ばれる公式文書を発行しています。 これらの規格の内容をここで確認してください。

一般的な構造

学術論文をフォーマットするための一般的な構造はNBR 14724/2005で提供されています、それは以下の計画で始まります:

構造要素
プレテキスト
  • カバー
  • 背骨(オプション)
  • カバーシート
  • 正誤表(オプション)
  • 承認シート
  • 献身(オプション)
  • ありがとう(任意)
  • エピグラフ(オプション)
  • 用語解説
  • 外国語サマリー
  • イラスト一覧(オプション)
  • テーブルのリスト(オプション)
  • 略語と頭字語のリスト(オプション)
  • シンボルリスト(オプション)
  • 目次
原文の
  • はじめに
  • 開発
  • 結論
ポストテキスト
  • 参考文献
  • 用語集(オプション)
  • 付録(オプション)
  • 添付ファイル(オプション)
  • 索引(オプション)

この作品には、少なくとも上の表の必須の要素がすべて含まれている必要があります。 選択は仕事または教育機関の作者の裁量にあります。

仕事に就く要素の数に関係なく、それらすべてを表に示されているのと同じ順序で配置する必要があります。

上記のすべての要素のフォーマット例を参照してください。

一般的な規則

この規格では、学術論文のフォーマットに関する一般的な規則も規定されています。 これらの規則は、それとは反対の特定の規則を持つものを除いて、作品のすべての要素に適用する必要があります(これについては後述します)。

フォーマット

原則として、白紙とA4用紙(21cm x 29.7cm)で提出してください。 内容物は、裏表紙を除いてシートの前面 (前面)にのみ挿入する必要があります。表紙にはカタログシートが含まれます。

ダウンロードする

作品全体で使用されているフォントはサイズ12になります。ただし、標準では、以下の要素は指定されていないより小さなサイズで入力する必要があります。

  • 3行以上の引用
  • 脚注
  • ページネーション
  • イラストや表の見出し

間隔

テキスト全体の間隔は1.5になります。ただし、 単純な間隔を採用する必要がある次の要素は例外です。

  • 3行以上の引用
  • 脚注
  • ページネーション
  • イラストや表の見出し
  • 機関の性質、目的、名称(タイトルページにあります)
  • カタログシート(裏表紙にあります)

余白

余白のサイズは次のようになります。

  • 左右の余白まで3 cm
  • 左右の余白は2 cm

ページング

送付状から始めて、すべてのシートを数える必要がありますが、 番号付けはジョブエントリの最初のシート からのみ開始されます。 したがって、プレテキスト要素(上の表を参照)のシート数によって、最初の番号付きページの番号が決まります。

引用

引用規則はNBR 10520/2002に規定されています。 彼女によると、引用は調べられた情報源を識別するのに必要な情報を含まなければならず、そして以下の規則に従うであろう:

  • 情報源の著者の指示が括弧で囲まれている場合、それは大文字と小文字で表示されます[例: "... Albert Einsteinが言ったように..."]
  • 著者による出典の表示が括弧内で行われている場合、同じことが大文字でのみ行われます。 [例:「想像力は知識より重要だ」 (アインシュタイン)]
  • 引用の行数が3行を超える場合は、左マージンから4cmのインデントを守りシングルスペースで 、フォントサイズは残りのテキストより小さくする必要があります。
  • 引用符内の引用符は一重引用符で囲む必要があります[例: "...アインシュタインは、「想像力は知識よりも重要である」と言ったのですが…」

ここに引用のいくつかの例があります。

プレテキスト要素

カバー

カバーは以下によって構成されます。

  • 教育機関名(オプション)
  • 著者名
  • 作品のタイトルと字幕
  • ボリューム数(複数の場合)
  • 発表の場所と年

ロンバダ

背骨は含まれるべきです:

  • 役職
  • 著者名
  • 作品を特徴付ける情報(例:Volume 02)

これらすべての情報は背骨の同じ方向に印刷する必要があります。

カバーシート

カバーシートには、 同じカバー要素が表示されますが、以下が追加されます。

  • 仕事の性質と目的
  • 審査官の識別
  • 裏面に印刷されたカタログシート

これらの最後の3つの情報は単純な間隔をとるべきです。

正誤表

正誤表には、作業の参照とエラーの識別が正しい修正とともに表示されます。

承認シート

承認シートには以下が含まれます。

  • 作者の名前
  • 作品のタイトル、字幕、性質および目的
  • 承認日
  • note(オプション)
  • 評価者の署名。

献身、感謝、そして碑文

献身、謝辞、そして碑文には特別な規則はありません。

要旨

抄録に関する規則はNBR 6028/2003にあります。 規格では、要約はその目的、方法、および結論を引用して、作業の簡単な説明(単一の段落)であるべきであると規定しています。 以下では、要約に含まれる中心的な用語であるキーワードを指摘しなければならず、それは作品の主な考えを伝えることができる。

外国語での要約は、用語集の要約の忠実な翻訳になります。 同様に、キーワードも翻訳されます。

イラスト、表、略語、頭字語または記号のリスト

イラスト、表、略語、頭字語または記号のリストは、職場での出現順にそれらの項目を列挙し、ページ番号(イラストおよび表の場合)およびそれらの意味(略語、頭字語の場合)を識別します。とシンボル)。

目次

NBR 6027/2003は要約のための規則を提供します、それはそれぞれのページ番号を指定して、仕事で扱われるトピックとサブトピックを順番に示すべきです。 このページ付けは次のようになります。

  • トピックが扱われ始めるページ番号による(例:14)
  • トピックにアプローチしているページの範囲で、数字をハイフンで区切って指定します(例:30-45)。
  • トピックアプローチが配布されているページ番号による(例:27、35、64または27-30、35-38、64-70)

抄録は最後の原文の要素であり、それより前の要素を指すことはありません。

ポストテキスト要素

参考文献

参照はNBR 6023/2002によって規定されています。 それらは、以下のような情報源を識別するのに必要な全ての情報を含むべきです:

  • 作者
  • タイトル
  • 地元の出版社
  • 発行日

必須の参照は、職場での完成直後に配置された専用の用紙に記載されていなければなりませんが、脚注、章の終わり、または要約やレビューの前に記載されている場合もあります。

主なフォーマットの参考文献を調べてください。

用語集

用語集には、作業に使用されている用語の定義が必要です。 単語の構成はアルファベット順にする必要があります。

付録と付録

付録と添付ファイルは、作品に追加できる文書です。 NBR 14724/2005は、付録と付録を大文字で表し、その後に字下げと内容の定義を続けることを規定しているだけです。 (例:付録A - ABNT規格のリスト)

ホーム

NBR 6034/2004は、インデックスを「テキストに含まれる情報を見つけて参照する、特定の基準に従って並べられた単語または句のリスト」として定義しています。

それは仕事の最後の要素であるべきです、そしてあなたはアルファベット順に、体系的に、年代順にそして数値的に用語を分類することができます。

NBRの意味も読んでください。

人気のカテゴリ

Top