推奨されます, 2019

エディターズチョイス

定義 カテゴリー型命令

カテゴリー型命令とは

カテゴリー型命令は、すべての人間は道徳的原則に従って行動するべきであると主張する哲学者Immanuel Kantによって開発された哲学の概念です。

イマヌエル・カント

カントにとって、命令は与えられた行動が実行されるべきであることを示すどんな計画でもあり、それは分析に提出されます。

命令の概念は、人間が人生のさまざまな状況で行動するように導く動機を分析します。

カンティアンのさまざまな命令

Immanuel Kantは、命令型の概念を2つのストランドに分類しましたカテゴリ 型命令型仮定型命令型です。

カテゴリー型命令

カテゴリー的な命令は、その中心的概念として、道徳的感覚、原則および尊重を持っています。

実行されるすべての行動は、それが目標とする目標だけでなく、その目標が達成される方法も考慮します。

だれにも害を与えないという基本的なことに加えて、行動を起こす人々の行動は、罰や他のいかなる種類の傷害からも独立した、本質的な道徳的関心事を持つことが重要です。

カテゴリー的な命令は、個人が普遍的な法律として見たいことと一致して行動するべきである、すなわち彼らが他人に彼らにしたくないということを他人にしないようにすべきであると主張します。 このような法の概念のために、カテゴリカル命令も普遍的命令として指定されました。

カテゴリカル命令の例

高速で運転しないでください

上の文では、フレーズを発した人の道徳的良心は、高速で運転しないことが義務であることを知っていることに注意してください。 他人の生活ではなく自分の命を危険にさらさない方法は、自分自身と自分の隣人に責任を負うことです。

これだけで十分なので、高速で運転しないという行動が実行されます。 この義務が果たされない場合に適用される可能性がある罰については心配しないでください。

処罰にかかわらず、行動の動機は道徳的な関心事であり、起こり得る罰金に対する恐れではありません。

カテゴリカル命令の重要性

それはすべての人々が倫理的および道徳的に行動し、他人を傷つけたり利用したりすることなく行動することを擁護するので、カテゴリー型命令の概念は社会における調和の取れた生活の理想において非常に重要です。

カテゴリー型命令の哲学は、これが良心と道徳的義務の問題のために実行されるべきであると主張します、誰かが正しいと反対の方法であるならば処罰を受けるという恐れのためではありません。

この哲学を実践することの最大の利点は、平穏な社会的共存です。日常生活の最大値は、自分にしたくないことを他人とすることではないからです。

仮定上の必須事項

仮定の命令は、カテゴリカルの命令とはまったく反対の概念です。

カテゴリー型の必須事項の中心的な考え方は、特定の目的を達成するための方法としてアイデアに従うことです。 行動と目的の間には直接的な関係があります。すなわち、 xが達成れるためには、 それが行われなければなりません。

最後に到達するのに必要な行動は、最終的に誰がそれを行使するのかという意志と傾向に応じて、実行に移される場合とされない場合があるため、この命令は仮説と呼ばれます。

しかし、この目的が道徳と倫理の原則に従っているかどうかは重要ではありません。 焦点は、状況とそれ以外のすべての事柄に関係なく、目標を達成し、勝利をもたらすような方法で行動することです。

架空の命令の例

罰金を支払いたくない場合は、高速で運転しないでください。

上記の文では、個人の主な関心事は罰金の不払いです。

自分の誠実さや身体的な誠実さに対する道徳的な懸念は存在しません。 彼を「注意深く」しているのは責任感ではなく逮捕されているという仮説です。

命令型についての詳細を学びなさい。

カンティアの原則

カントによれば、人間の道徳は彼が経験する経験に依存しないか関連していない、すなわちそれは人間と共に既に生まれている能力である。 生来です。

したがって、すべての人が間違っていることと正しいことを区別することができます。

カンティアン倫理は完全に範疇の命令に基づいています。

カンティアの道徳は、道徳的に行動する義務に基づいているため、利益によって動機づけられた態度や行動を容認しません。

道徳と倫理についてもっと学びましょう。

Immanuel Kantに関する珍品

カントの父親は、何よりも真実を宣べ伝える人であることが知られていました。

カントが彼の父親の倫理的緊縮に直接影響されたことを彼の倫理と道徳の原則から理解することは可能です。

哲学者自身も、彼の父親の家には、猥褻さと真実性に反対するものを入れる余地はないと彼の文章を通して表現しました。

人気のカテゴリ

Top