推奨されます, 2019

エディターズチョイス

定義 弁証法的唯物論

弁証法的唯物論とは何ですか:

弁証法的唯物論は、 カールマルクスフリードリヒエンゲルスの作品に基づいてヨーロッパで始まった哲学です。

それは、社会の現実が、例えば経済学、地理学、科学などで実行されることができる研究に基づく重要な手段によって定義されるという概念が成り立つ哲学理論です。

マルクスとエンゲルスはこの理論を通して歴史を通して起こった社会的過程を理解する方法を見つけました。

ドイツ、ベルリンのKark Marx(左)とFriedrich Engels(右)の彫像。

弁証法的唯物論の特徴

弁証法的唯物論の主な特徴の下をチェックしてください。

  • それは具体的な意味ではなく物質的な意味が社会的現実を定義すると考えています。
  • 社会的プロセスを理解するために弁証法に基づいています。
  • 歴史は静的で決定的であるという概念に同意しません。
  • 完全に理想主義に反対します。
  • それは矛盾する要素に基づいて歴史的事実を研究します。
  • それは、いかなる分析も問題の研究の目的だけではなく全体を評価すべきであると主張する。

弁証法的唯物論の基本原則

弁証法的唯物論は4つの基本原則に細分される。

彼らは:

  • 哲学の歴史は、理想主義的な原則(アイデア、思考、そして要約として全体に基づいている)と唯物論の原則(具体的な資料、事実、研究に基づいている)との間の矛盾の過程を網羅しています。
  • すべての人間は自分自身の意識を決定する責任があり、他のものではありません。
  • 物質は、弁証法的で形而上学的ではありません。
  • 弁証法は物事の本質における矛盾の研究です。 彼女は全体を分析することによって矛盾の比較に彼女の研究の基礎を置いています。

唯物論と理想主義の違い

唯物論は理想主義に反対して生まれた。

マルクス主義的唯物論は、アイデアには物理的な起源があり、したがって、科学、データ、結果および進歩に根ざしていると主張しています。

哲学的理想主義は、現実の概念を精神に帰し、考えは神の創造物であるか、あるいは神の意思や他の超自然的な力に従うと主張します。

唯物論は理想主義と全く反対であり、両者の間の主な違いは前者の現実は物質的であり、従って具体的であるが、後者はそれは思考や超自然的な力、すなわち抽象的などの要素に基づいている。

弁証法的唯物論と歴史的唯物論の違い

どちらもKarl MarxとFriedrich Engelsによって開発されましたが、弁証法的唯物論と歴史的唯物論は全く異なる概念です。

弁証法的唯物論はマルクス主義の推論方法で構成されているが、研究の目的そのものだけでなくそれと矛盾する事実、アイデア、データも考慮せずに、すべての分析は一般的な方法で行われなければならない。社会階級の闘争に関して歴史を解釈するマルクス主義者。

歴史的唯物論によれば、社会は異なる社会階級間の対立を通して進化する。

弁証法と歴史的唯物論についてもっと学びましょう。

マルクス主義的弁証法

カールマルクスは歴史問題に取り組むために弁証法に頼った。

歴史的な弁証法の基礎の1つは、すべてが絶えず進化し変化しているため、永遠と見なされるものは何もないということです。 これにより、マルクスは歴史の自然な進化を考慮し、それが静的であることを認めない。

マルクス主義的弁証法は、フリードリヒ・ヘーゲルが提唱した弁証法に基づいていたが、いくつかの意見の相違があった。

ドイツのベルリンで彼のイニシャル( G eorg W ilhelm F riedrich Hegel)を持つHegelのバスト。

マルクスは、何も静的ではなく、すべてが絶え間ない変化の過程にあるという事実に関して、 ヘーゲル弁証法の概念に同意した。 この理由によると、AはBになることもあればCに置き換えられることさえあります。

しかし、Hegelの基本原則は、人間の経験は心の認識にかかっているということです。それは、Marxが提唱したこととは全く反対です。

マルクスにとって、この概念は、社会的不平等、経済的および政治的疎外、搾取、貧困などの問題に対処するには抽象的すぎました。

マルクス主義的弁証法は、矛盾によって現実は全体として分析されるべきだと考えています。 例えば、概念を分析するためには、それを研究し、分析し、そして考慮に入れなければならないだけでなく、それと矛盾する別の概念も分析しなければならない。

このようにして、結論に達するために、二つの相反する概念の間で対立がなされるであろう。

唯物論と弁証法の関係

弁証法的唯物論の概念の論理は、その名称自体によって説明することができます。

唯物論 :理論の基礎は、思考やアイデアなどの抽象的な手段を損なうための物質的な手段に基づいています。

弁証法 :理論は弁証法として特徴付けられた。なぜならその論理はプロセスの解釈が力の反対としての解釈で成り立っているからである。

人気のカテゴリ

Top