推奨されます, 2019

エディターズチョイス

定義 内向的な人の特徴

内向的と見なされる人は、通常自分の内的世界に注意を払う必要性が最も高い人です。 通常それは彼らの感情や感覚を大事にする人です。

これは最も内向的な人々に共通する5つの特徴です。

1.反射的です

シェアするTweet

内向的な人はまた非常に内省的である傾向があります、すなわち、それは通常彼が興味を持っている問題や問題を深く熟考する習慣を持っている人です。

内向的な人は通常自己分析を行い、出来事に対する彼らの反応を観察し、そして彼らの態度を再考します。 彼らは通常、自分の考えや感情、そして彼らが経験している状況について彼らが感じる方法に細心の注意を払う人々です。

内省的であることの結果であるもう一つの特徴は、内向的な人々は決断を下す前に、あるいは主題について公に自分自身を位置付ける前に一生懸命に考える習慣を持っているということです。 彼らはしばしば彼らがしたい意思決定の賛否両論を評価します。

彼らは感情や感情をもっと大切にする

おそらくこれが人の内向性を最もよく表す最も一般的な機能です。 感情の評価は、感情的記憶と関連しています。

内向的者は、自分が感じていることを非常に大切にします。つまり、状況を生きるときや人を知っているときに引き起こされるすべての感情や感情を考慮に入れます。 たいていの場合、生活状況によって発生する感覚は、イベント自体よりも高く評価されています。

内向的な、一般的には、イベント、オブジェクト、人または他の経験によって提供され、住んでいる感情をより重視します。 この特徴は彼らに彼ら自身と彼らの感情を非常に気づかせます。

彼らは観察している

シェアするTweet

一般的に、内向的な行動は非常に重要です。 彼らが統合する前に彼らが知らない環境や人々のグループの働きを観察する習慣を持つことは彼らにとって非常に一般的です。

この観察の特徴から、内向的な人々は彼らがする必要がある仕事に集中する高い能力を開発することができます。 多くの場合、観察によって目標を達成するための優れた分析スキルと計画スキルが得られます。

この観察能力は他の状況でも現れる可能性があり、観察は反射につながるため、反射的な人物であるという特徴と密接に関連している可能性があります。

一人で過ごす時間を楽しむ

多くの内向的な人々にとって、会社がなくても、あるいは一人で活動をしていなくても、何の問題もありません。 それどころか、それは必然的に、あるいは喜びにさえなり得るのです。

最も内向的な人は、通常、自分の会社にいて自分の考えを持っていることを楽しみにしています。 それはこれらの瞬間から来る自己知識を大切にします。

これは内向的な人々が他の人々との生活を楽しんでいないという意味ではないことを知っておくことは重要です。 しかし、彼らにとっては、時間だけを費やすのが一般的な習慣であり、それは苦悩や孤独感を生み出しません。

内向的であることは一人でいることとは、特に彼らが多くの人と住んでいる状況にあった後に、休むか「エネルギーを再充電する」ための時間を意味します。

激動の環境が好きではない

シェアするTweet

内向的な人々がパーティーやショーなどの混雑した環境または混乱した環境にいるのを楽しんでいないのも一般的です。

しかし、たとえそうであっても、それは孤独に対する欲求ではなく、他の人々と同居する能力の欠如でもありません。

よくあることは、これらの混乱した環境は、より内向的な人々に不快感やエネルギーの無駄を感じさせることです。

IntrovertとIntrospectionの意味も参照してください。

人気のカテゴリ

Top