推奨されます, 2019

エディターズチョイス

定義 生鮮食品

生鮮食品とは

非腐敗性(または安定)食品は、他の食品と比較してより長い保存期間および期間を有するものである。

腐りにくい食品とは、水分が少なく適切に保存されていれば、より長い間消費されるのに適した状態の食品です。

生鮮食品とは何ですか?

いわゆる生鮮食品のリストは長いです。 最も耐久性のある食品は最も乾燥しています。 つまり 、体質に水分がほとんどないということです。 多くの工業用食品も腐りにくいです。

これらの食べ物の例をいくつか紹介します。

  • 塩、
  • コーヒー、
  • 砂糖、
  • 水、
  • パスタ、
  • ポップコーン、
  • 小麦粉、
  • 粉ミルク
  • クッキー、
  • 酢、
  • ごはん
  • 豆、
  • レンズ豆、
  • ひよこ豆、
  • チョコレートパウダー
  • ドライ調味料
  • 卵粉、
  • 油、
  • はちみつ

脱水された形で保存されている食品(脱水された果物など)または缶詰食品(ソーセージやオリーブなど)も、腐りにくく、長持ちします。

同様に、冷凍されている生鮮食品もまた有効期間が延長されています。

腐りにくい食品は通常乾燥しており、水分が少なく工業化されています。

生鮮食品の利点

より長い消費期間を有することに加えて、生鮮食品は他の種類の食品と比較して他の利点を有する。

生鮮食品のほとんどは、人の栄養や食事のバランスに非常に重要な、米、穀物、パスタなどの食品です。

加えて、依然として貯蔵寿命の長所に関しては、生鮮食品は長期貯蔵に最も適した食品であり、これは緊急事態において消費される可能性がある。

この良い例は、環境災害や戦争の状況のように、食料が不足している場合のこれらの製品の使用です。

生鮮食品は腐敗しますか?

いわゆる生鮮食品もその有効性を失い、台無しになり、消費に適さなくなる可能性があることを知っておくことは重要です。

生鮮食品と生鮮食品の違いは、それらが正しく保存されている場合、生鮮食品よりも長期にわたって生鮮食品の品質を維持することです。

生鮮食品および寄付

食料品収集キャンペーンでは、寄付された商品が腐りにくい食品であることが非常に一般的です。

それはそれらが急速に失われることがなくそしてそれらが分配されそして消費されるまで容易に貯蔵されることができるのでこれらの食品が集められるのはまさに長い貯蔵寿命のためである。

生鮮食品はどのように保存されますか?

生鮮食品について話するときは、特にそれが乾燥していて湿気のない場所で保管されている場合は、それが保持する貯蔵寿命を指します。 食べ物は、熱や太陽にさらされる場所にも保管しないでください。

ほとんどの生鮮食品も冷蔵庫や冷凍庫に保管する必要はありません。

生鮮食品

生鮮食品とは異なり、生鮮食品は、 より簡単に分解され、賞味期限が短くなります。 これは彼らが彼らの憲法により多くの水を持っているからです。

保管するためには、これらの食品は、日光から保護されるか冷蔵される乾燥した涼しい環境に保管する必要があります。

果物、野菜と肉、肉、魚と牛乳のような自然食品はこの範疇に入る。

果物の意味を見てください。

半生鮮食品

生鮮食品のような半生鮮食品は、非生鮮食品と比較した場合、 乾燥が少なく、耐久性が劣ります。

半生鮮食品と生鮮食品との違いは、半生鮮食品が持つ「保護バリア」です。 この最も良い例は、ジャガイモ、ビート、卵などの殻付き食品です。

半腐敗しやすい食品の保存は、殻の保存と密接に関連しています。これは、日光や湿気にさらされることによって引き起こされる可能性があり、たとえば真菌の増殖を引き起こす可能性がある損傷から食品を保護する機能を持ちます。

半生鮮食品のカテゴリーの一部には、缶詰の形で保存されている食品など、その有効性を高めるある種のプロセスを経たものもあります。

野菜と野菜の違いを知り、トランスジェニック食品と食事療法の意味も見てください。

人気のカテゴリ

Top