推奨されます, 2019

エディターズチョイス

OTP

定義 ABNT規格に準拠した引用の略語

それがCBTになると、学生の注意を最も必要とする主題の1つは確かに引用です。

学術研究用のABNT規格の中で、10520/2002規格は最も広範な規格の1つです。 作品に使用できる引用の種類、形式、および引用の性質を説明する以外にテキストの読みやすさを維持するのに役立ついくつかの略語を見つけることができます。

このため、学術論文の引用の中で最も使用されている略語とその使用方法の説明がここにあります。

Apud

apudという表現は、「によって引用される」という意味であり、「による引用」とも呼ばれます。 引用が他の出典の言及からなる場合に使用されます。 以下の例では、作品の著者はRibasを引用し、その話は実際にはLimaによって書かれました。

例:

  • Ribas(apud LIMA、1987、p。215)によると、「行政は、罰によってこれらの行為を防止するという帰属を奪われるべきではなく、それは……行政行為の通常の発展の妨げとなる」。

パッシム

それは「あちこちに」という意味です。 引用された情報が同じ文書の異なるページから来たときに使用されます。 この表現は多くの数の言及を避けることを考慮すると、その使用はテキストの読みやすさを維持するのに役立ちます。

例:

  • 1997年のリベイロ。

その他

それは「そして他人」を意味します。 それは言及された情報源が多くの著者を含み、そしてすべての言及がテキストの読みやすさを損なうであろうときに使用されます。

例:

  • DIDIER et al。、2017

その他 または連続症

これらの用語は、それぞれ「フォロー」および「フォロー」を意味します。 挿入された見積もりの​​すべてのページに言及したくない場合に使用されます。 それは、テキストの読みやすさに寄与して、 パッシブ表現に似た効果を持ちます。

例:

  • Morim(2000、p.56 et seq。)によると、それは言説には...

Loc。Cit。

ラテン語の怒っているcitatoから、それは「引用された場所で」意味します。 この式は、引用がすでに前述したページから取得されたことを示すために使用されます。 以下の例では、2番目の脚注は最初のものとは異なる引用に対して繰り返しを示していますが、同じページにあります。

例:

  • TOMASELLII1992、p。 33−46。
  • ²TOMASELLI、loc。 引用

同じかid。

それは「同じ作家から」という意味です。 同じ作者による複数の著作が引用されている場合は、表現idemまたはid。 同じ名前の不必要な繰り返しを防ぎます。

例:

  • ¹レンザ。 2015年、p。 302
  • "Id。 2017年、p。 48

または同上。

それは「同じ仕事の中で」という意味です。 前の表現のように、それはそれが複数回言及されているとき作品のタイトルの不必要な繰り返しを避けます。

例:

  • CARLOS、マテウス。 行政法マニュアルp.37
  • "カルバリョ、マテウス。 同上、P.205

Opus citatumまたはop。 引用

それは「引用作品」を意味します。 式は作品の名前も置き換えますが、2番目の作品が最初の作品の後に引用されている場合にも使用されます(再度言及するため)。

例:

  • ¹CARVALHO、マテウス。 行政法マニュアルp.37
  • ²LENZA 2015年、p。 81
  • ³CARVALHO、マテウス。 op.cit、p.58

比較

それは「チェックアウトする」という意味です。 それは仕事で扱われる主題に関する読書のための提案をするのに使用されます。 このように、省略形は必ずしも引用符を意味するわけではありません。

例:

  • ²CALDIRA、1992を参照。

ABNT規格10520/2002は、式がidem またはidであることを明確に述べていることは明白であることを言及する価値があります。同上または同上。opus citatumまたはop.citおよびcf. 参照しているのと同じページでのみ使用できます。

人気のカテゴリ

Top